身近の人の死から人生は有限だということに気付かされる

f:id:iwanttobefree:20170214231129j:plain

 

職場の先輩が亡くなった。

 

詳細は書けないが、約50歳という若さだった。

 

自分がまだ新人だった頃から一緒に仕事をして、いったん別の部署に異動となったが、また3年ほど前から同じフロアで働くことになり、色々と話をさせてもらった。

 

随分痩せたなぁという印象だったが、癌だったらしい。

秋ごろに会議で隣の席になった際に「随分顔色が悪いですが大丈夫ですか?」と聞き、「別になんでもないよ」とのやりとりが最後の会話となった。

会議の中で来年度の話もしていたので、本人もまだまだ生きて仕事を続けるつもりだったんだろうと思う。

この場をお借りしてご冥福をお祈りしたい。

 

身内の死などは経験してきているが、

自分と同じような境遇の人の死は正直初めてかもしれない。

言うならば、まるで自分自身が死んでしまうかのような感覚。

 

毎日当たり前のように生きているが、いつかは確実に訪れる「死」

人生は有限であり、その終わりはある日突然訪れる。

その時に自分は悔いなくこの世を去ることが出来るのだろうか。

今のような生き方で、本当に後悔はないのか。

 

先輩からの最後の教えのような気がしてならない。

 

 

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

読書感想文 人生の<逃げ場> 上田紀行

 

もうタイトルを見ただけで「良い本」だってわかりますよねw

 

ちなみにサブタイトルは

「会社だけの生活に行き詰っている人へ」

 

もう読むしかないでしょwww

 

というわけで、読んでみました。

 

著者の上田紀行さんという方について

私は全然知らなかったのですが、結構著名な方のようですね。

「癒し」という言葉を日本に広めた方だとか。

また、奥様が紅白歌合戦の総合司会もつとめたNHKの竹内陶子アナだそうです。

本の背表紙の著者紹介には「スリランカで悪魔祓いのフィールドワークを行った」とあるのが、ちょっと気になりますが・・

 

 

本の内容をミニマムに要約すると

人生を会社単線(会社のみ)でいくのではなく

複線化する必要がある。

それは結婚して家庭を持ったり、地域の共同体に関わることで可能となる、

といった内容でした。

 

家庭を持つ自分としては、とても納得の出来る内容でしたが

今の時代、人生を複線化するためには、必ずしも家庭や地域の共同体を必要ともしないのかなとも思います。

ブログやSNSなどを使って、自分と価値観の合う人とつながることによって

十分複線化は可能になるはずです。

私自身、会社・家庭・そしてブログなどを加え、3つの場所を用意することによって、だいぶ日々の生活が楽になってきました。

会社が嫌でも家庭に帰ればと思えば楽になります。

家庭で会社の愚痴が言えない場合でも、ブログを書けば楽になります。

 

iwanttobefree.hatenablog.com

 

 

iwanttobefree.hatenablog.com

 

いつの間にか、本の感想より自分のことみたいな記事になってしまいましたが・・

本のサブタイトルのように会社生活に行き詰っている方は読んでみてはいかがでしょうか。

ちょっと宗教っぽい部分もありますが(何しろスリランカで悪魔祓いのフィールドワークですからww)

読んでいくうちに胸がスーッと軽くなると思います。おすすめします。

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

ニート祭り 行ってみたい!

 

こんな記事を読んだ。

makihisao1986.blog.fc2.com

 

2月10日で「ニートの日」かぁ。

上手いこと考えたもんだなぁと感心していたら、こんなお祭りもやるんだね。

しかも第11回って・・ニートパワー恐るべしww

 

サブタイトルは

あくせく働かない、その先の幸せ

良いねぇ。

ただ、働きたくないでござる!ってだけでなく、その先の幸せってところが実に良い。

 

 

phaさんが来るんであれば、参加したかったなぁ。

懇親会で直接会ってお話とかしてみたい。

 

iwanttobefree.hatenablog.com

 

来年もきっとやるかな。

覚えておいて(語呂合わせは忘れないね、きっと)

ぜひ参加してみようっと!

 

 

iwanttobefree.hatenablog.com

 

 

iwanttobefree.hatenablog.com

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

仕事なんて現金収入を得るために、ちょっと出稼ぎに来ていると思えばいい

f:id:iwanttobefree:20170211114132j:plain

 

昨日、こんなことをつぶやきました。

 

まぁ、つぶやいていることで全部なんですが、

仕事なんて生活するために必要なお金を得るために、ただ行っているだけだということです。

今の日本ではあまり見かけないのかもしれませんが

昔は雪深い地方などでは、冬の間の現金収入を得るために

父親(男手)が都会へ出稼ぎに行っていたようです。

彼らからすれば、生活の本拠はあくまでも家族のいる地方(田舎)であり、都会はただ金を稼げる場所と考えていたと思います。

出稼ぎ先での人間関係も必要以上には立ち入らなかったのでないでしょうか。

 

自分も、大切なのは家庭であったり、プライベートの時間であったり

要は仕事以外の時間や場所

その大切な時間を過ごすために、お金が少し必要なので、ちょっと出稼ぎに行ってくるくらいの感覚で仕事に出掛ければいいのかなと思います。

必要以上に仕事に入れ込む必要もなければ、人間関係に惑わされる必要もない。

ドライに考えるというより、なんかテキトーでいいやって感じww

 

私はこう考えたら、なんだか一日気持ちが楽に過ごせました。

 みなさんはどうでしょうか。良かったら試してみてください。

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

会社で息苦しさを感じているあなたに

 

f:id:iwanttobefree:20170209111303j:plain

 

いつも読ませていただいいる正吉さんのブログ

www.iwannbefree.info

 

こんな記事がありました。

「会社にいると息苦しい」と感じたとき、会社を辞めなくても道はあるかも知れない

 

安冨教授という方は正直初めてお名前を拝見したのですが

なかなか斬新な意見の方ですねw

 

読んでいて非常に共感できましたので、

もしこのブログを読んでいる「あなた」が

会社で「息苦しさ」を感じているのであれば

ぜひリンク先の記事をご一読ください。

読み終わった後は、胸のあたりが「すーっと」楽になると思います。

 

そして、無意味な仕事をやっても、給料は入ってくるから、辞めることができない。無意味な仕事をやり続けて辛くなっても、「割り切ってできない自分が悪い」と罪悪感を覚えてしまう。人はそれを「息苦しい」と言うんです。

※太字強調は引用者による

 

自分は家族もあり、正直なかなか仕事を辞めるってところまで決心がつきません。

でも仕事はつまらなし、毎日行きたくないなぁ、辞めたいなぁと思っています。

正に「無意味な仕事をやっているが、給料が入ってくるから辞められない」状態です。

そんな生活をしながら、毎日リタイヤされた人のブログや、ある程度自由に生活されているような人のブログを読むと、あー自分もそうしたい、でも出来ない・・

と落ち込みます。

さらに、今は仕方ないよなぁ・・と覚悟を決めて仕事に行くのですが

結局仕事はつまらない、辞めたい・・

要するに中途半端なんですね。

いつも胸のあたりがもやもやとしている感じ。

はーっとため息しか出てこない感じ。

 

・・わかってもらえますでしょうか。

家族(特に子ども)を抱えて、仕事を嫌々続けている方は

きっと同じようなお気持ちじゃないでしょうか。

 

・・ちょっと暗くなりました。

話を戻して、とにかくそんな方々は

ぜひリンク先を読んでみてください。

 

あっ、あとは

リンク先記事にありますように

●会社に行くのが嫌になったら、電話で「休みます」と言ってガチャ切りすればよい

●なんなら、そのまま少し長く休めばよい

●復帰出来て、職場に居づらいようなら、私に嫌がらせをするとコストがかかりますよという態度に出ればよい

といったことは非常に参考になりました。

これまた読むと「胸がすーっと」なりますよ。

 

正吉さん、素敵な記事を紹介していただいてありがとうございました。

 

とりあえず、この本読んでみます。

 

 

 

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

過労死ラインにぎりぎり抵触しないのが「まあまあ妥当な水準」って・・

 

f:id:iwanttobefree:20170206000346j:plain

 

こんな記事を読んだ。

www.jiji.com

 

詳細は記事を読んでいただくとして、

私が言いたいことは1点だけ。

 

経団連の会長ってヤクザ?

 

 

f:id:iwanttobefree:20170205235804j:plain

 

 

繁忙期の残業上限を月100時間とした政府原案を「まあまあ妥当な水準」と評価。

過労死ラインとされる「1カ月100時間超」または「2~6カ月間平均で月80時間超」にぎりぎり抵触せず運送業、建設業を含むほぼ全業種を対象としている。

 

(;゚Д゚)

(゚Д゚;)

(;つД⊂)ゴシゴシ

 

まあまあ?

 

(;つД⊂)ゴシゴシ

 

 

早く労働から脱出せねば・・

殺されるわ・・

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

読書感想文 pha しないことリスト

 

phaさんの著書「しないことリスト」を読んだ。

 

しないことリスト

しないことリスト

 

 

 

読みながら、気になった部分をTwitterで書き留めてみた。

これ便利な機能だな。 

 

仕事もそう、勉強もそう

どこにいても、こういう考え方の人は一定数いる。

個人の性癖だから、自分でそう考えるのは別に問題はない。

単に人に押しつけなければいいだけのことだ。 

 

うまくいっても「たまたま」

うまくいかなくても「たまたま」

こんなに楽にゆったりと毎日生きれたら、どんなに良いだろう。

 

これはまさにブログであり、Twitterであり、ネットツールのこと。

モールス信号を打ち続け、この広い世界で誰か1人にでも

届けばいいんだと思う。

 

iwanttobefree.hatenablog.com

 

仕事もそう、人間関係もそう。

頑張ることより、頑張らないで何とかしようと考えることの方が

どれだけ健全な精神か。

頑張らなくてもできちゃう、頑張らなくても生きていけちゃう

これが一番いいことだ。 

 

よく言われることだが、あらためて心にとめておきたい。

仕事なんて、所詮人生のone-pieceに過ぎない。 

 

ハッとさせられる一文。

とかく大人になると「それが何の役に立つの?」と思ってしまいがち。

人生なんて所詮無意味、楽しんだもん勝ち。 

 

義務教育が終わったあとは余生という言葉が出てくる。

自分はたまたま、まだ生きているだけだと思えば

確かにたいていの厄介事でも楽な気持ちで向かえることができる。

 

この前文として、phaさんの先輩の言葉が出てくる。

イワシが群れで泳いでいる際に、クジラがガーっと食べてしまう

人生なんてそんなもんだ、と。

例えが面白いが、確かに人生ってそんなもんかも。

明日死ぬかもしれないし、何があるかわからない。

人間は生も死も成功も失敗も意味を持たせたがるが、所詮後付け。

本当にそんな意味があったのか?いや、ないでしょ。

人生は無意味。

 

 

phaさんの本は、

ニートの歩き方

持たない幸福論

と読んできたが、この本はその集大成的な印象を受けた。

phaさんの考え方、生き方の本質が記されている気がします。

 

仕事が嫌な方、人間関係で消耗している方

そのほか疲れている方は読んでみてはいかがでしょうか。

スーッと心が軽くなると思います。

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

いいね は いいね

f:id:iwanttobefree:20170204225205j:plain

 

ブログを書くようになってから

Twitterを使い始めた。

 

Twitterには「いいね」という機能がある。

ご存知のとおり「共感」「面白い」など感じた時に

押すボタンのこと。

 

ん?

自分のツイートに対して「いいね」が付くと

なんだか妙に嬉しいぞ。

なんでだ?

 

自分が思ったこと、感じたことを

ボソっとつぶやいても現実社会では

なかなか共感を得ることは難しい。

友達、知人で話をして「そうだよねぇ」と言われても

内心ではどう思っているかはわからない。

でもネットの世界は広い。

日本中、世界中でTwitterを、ブログを見ている人がいる。

そのうちの誰かが「いいね」と反応する。

 

あ、自分のことわかってくれたんだ。

 

「いいね」は、いいね。

嬉しい。

 

 

iwanttobefree.hatenablog.com

 

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

続 逃げる

先程の記事に続いて

こんな記事も読んだ。

 

hase0831.hatenablog.jp

 

退職に至るまでの壮絶な様子が記されていて

読んでるこっちまで胃が苦しくなってくる。

 

立ち直ってくる段階で

カウンセラーからもらった言葉

「あなたを大切にしない人のことを、あなたが大切にする必要はない」

会社と自分、仕事と自分の関係について

考えさせられる言葉だと思う。

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

逃げる準備

f:id:iwanttobefree:20170201222217j:plain

 

今日、こんな記事を読みました。

 


cybozushiki.cybozu.co.jp

 

サイボウズって意識高い系でしょ

って感覚で読み始めたら、あれ?あれ?

なかなか刺さる文章でした。

(途中、ちょっと意識高い感じもありますが)

 

「逃げる」というとネガティブに聞こえるかもしれませんが、自分の中の価値観と照らし合わせ、合わない、と思ったらいつでも違う選択肢を選べるように準備をしておくのは、悪いことではないと思います。目先の選択肢しかない、ここしか自分の居場所はない、と思い詰めて自分を追い込んでしまうと、平に常なときならできていた正しい判断を誤ってしまうこともあるでしょう。そうならないためにも「いつでも自分は逃げられるぞ」と準備をしておくことで心に余裕を持っておく。しがみつく必要がなければ自分の主張を表明するのを恐れずに済みますし、嫌だな、と思うことを、自分の心を曲げてまでやる必要がなくなるかもしれません。

 

社畜には耳が痛い話ですね。

これは本当にその通りだと思います。

 

自分は今、お金を貯めたり投資をしたりしているのですが

早く「いつでも自分は逃げられるぞ」というところまで

いきたいと思っています。

ある程度の段階までいったら、

あとは仕事をもう少し続けるも良し

逃げ出して何か別のことをやるも良し。

 

あと少しなんですよね、

ホントあと少しだけ頑張りたいと思います。

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

働きたくないでござる、になった訳 その2

 

f:id:iwanttobefree:20170131002352j:plain

 

前回は踊る大捜査線を例に

やりたいことをやりたきゃ偉くなれ→いや、出来ねーじゃんw

と書きました。

 

まぁね、なんと言うか

仕事のやる気がまったく無くなったって訳でもないんだよね。

やりがいみたいなことを感じる時もあるし

やっぱりお客さんにありがとうって言われれば嬉しいしさ。

 

でも、成果を出しても評価されない。

効率的にやればやるほど新しい仕事が回ってくる。

こんな状況でやる気を出す奴っているの??


そりゃあ、大人しく時間までやり過ごすのが

合理的思考ってもんじゃない?

 

日本では過度に労働を礼賛し過ぎていると思うんだよね。

国際常識からかけ離れている。

早くグローバルスタンダードに追いついて欲しいと思います。

・・まぁ追いつかないかw  その前にリタイヤするな、きっと。

 

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

ぐうの音も出ない

f:id:iwanttobefree:20170130000907j:plain

 

いつも読ませていただいている大好きなブログ

自由になりたくて47歳で会社を辞めたらこうなった | 「会社を辞めたい 自由になりたい」と思って2015年に47歳で会社を辞めた妻子ありの元サラリーマンです。「生きていくことなんて死ぬまでの暇つぶしさ」と胸を張って言いたいけどなかなか言えないオッサンのブログです

 

 

www.iwannabefree.info

 

今を死んだように生きて、老後に備えてもしょうがねぇだろ

今を死んだように生きて、老後に備えてもしょうがねぇだろ

今を死んだように生きて、老後に備えてもしょうがねぇだろ

今を死んだように生きて、老後に備えてもしょうがねぇだろ

 

すいません・・

ぐうの音も出ないとは、まさにこのことだと思います。

 

あまりにも刺さり過ぎて・・

何も言えません。。。。

 

自由をつかむためにどうするか

もう少し考えたいと思います。

 

 

モールス信号

f:id:iwanttobefree:20170206221359j:plain

 

 

 

私がブログを書くきっかけを与えてくれたのは

A1理論さんです。

 

iwanttobefree.hatenablog.com

 

 

その A1理論さんの記事

okite.hatenadiary.jp

 

記事の中で

ブログは「モールス信号」だと表現されています。

 

このモールス信号の意味として

「僕の人生において、一番大事なのが、自分を『理解』してくれる人だからです。

そして、僕を理解してくれる人(B1な人)のうち、僕自身も会いたいと思う人(A1な人)、つまり、(A1,B1)関係にある人をこれからも探し続けていきたいと思います。」と書かれています。

 

自分は働きたくないでござるの人種ですが

周りにこのような考えを持った人はまず見かけません。

そんな中で社畜生活をしていると、気が狂いそうになってきます。

 

なので、モールス信号をコツコツと打ち続けていきたいと・・

いや打ち続けていかないと、と思っています。

誰かに届け、この想い・・

 

※同じようなことを思っている方(働きたくないでござる系)

ぜひ励ましあっていきましょう。

コメントとかTwitterとか気軽に書いてください。

誰かと支えあって(慰めあって?)いかないと

倒れてしまいそうで・・

 

 

iwanttobefree.hatenablog.com

 

 

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

リタイヤ

f:id:iwanttobefree:20170129231113j:plain

 

目標というか、自分の中では決定事項。

 

それは・・

少なくとも(遅くとも)

あと10年以内に仕事を辞める、ということ。

 

自分は今アラフォーですが、

50歳までには仕事辞めます。

「辞めたい」ではなく「辞めます」です。

ここポイントですよ。テストに出ますからね。

 

お金のこと

家族のこと

その他もろもろ

色々ありますが、後々書いていきたいと思います。

 

まずは、ズバッと結論を書いちゃいました。

あー、これブログで書いてみたかったんだよなぁ。

すっきりしたー。

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです

ブログ力(ブログりょく)

f:id:iwanttobefree:20170129140120j:plain

ブログ力(りょく)なんて言葉はない。

自分が勝手に作った造語です。

 

平たく言うとブログを書く力(そのまんまやん)

 

ブログって

書きたいなぁって思わないと

書けないと思うんですよ。

(ブログ飯とかの人は別。そういう人は仕事だからね)

 

で、自分のことで考えてみると

ブログ書きてーなーって思うときは

そう『仕事行きたくねーなー』って時。

これ、まさにブログ力全開の時ですね。

スーパーサイヤ人3くらいです。

たぶん一撃で地球を破壊できるくらいの気が溜まってます。

 

でね、がーーーーーって書くとちょっと気が落ちるんですよ。

まぁ平たくいうとスッキリするってやつですか。

 

ブログってこんな使い方でも良いと思うんです。

なかには読んでいて「あぁ俺も同じだ」と思う方がいて

少しだけでも気が楽になってくれれば、なお嬉しいかも。

私はそうやって、リタイヤ系のブログをたくさん読ませてもらって

なんとか嫌な仕事をだましだまし続けていますから。

先人の方々には本当に感謝しています。

 

今日は本当にブログ力が溜まってるなぁ。

まだまだ書けそうですが、この辺で。

 

 

セミリタイア人気ランキングはこちらです